ナッツ ダイアリー〜その時々の時事や感情に任せて

歴史と旅が好きな元教員の書く徒然

靖国神社を訪れて知った先人たちの思いや願いー歴史を学ぶのに最適な場所遊就館

どうも夏目です。

 

 

しばらくブログをこうしていなかったので久しぶりに更新したいと思います。

 

 

 

今回はある神社について書こうと思います。

 

 

 

今回取り上げる神社は

 

 

 

 f:id:nattsu1991:20171010195613j:image

 

 靖国神社です。

 

 

 

 靖国神社というと今から数年前に小泉さんが首相の時に参拝し、大きな話題となった神社ですが正直なところどんな神社かよくわからない人も多いのではないかと思います。

 

 

 

先日実際に訪れてみての感想を踏まえながらどのような神社であるのか説明したいと思います。

 

 

 

靖国神社はなぜできたのか? 

 

靖国神社が作られるきっかけとなったのが、明治2(1869)年。

 

 

 

 

 

明治天皇の思し召しによって建てられて東京招魂社が始まりと云われています。

 

明治天皇 に対する画像結果

 

この東京招魂社がつくられた目的が幕末から明治維新にかけて国のため命をかけて亡くなった人の魂を祀るためにだと云われています。

 

 

 

 

その後、明治天皇が「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められて、靖国という名前が付けられました。

 

 

 

 

現在は幕末から日清戦争、日露戦争、大東亜戦争などの国難に際して国を守るために命を捧げられた246万6千余柱の方々が、身分や男女に関係なく、すべて等しく祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しく祀られています。

 

 

 

主に戦争で命を落とした人が祀られているので有名な軍人であっても、戦争の後に生き残った方や戦いに関係のない病気などで亡くなった方は祀られていません。

 

 

 

日本のために命をかけた人々が祀られている靖国神社。

 

 

 

ではなぜ小泉さんが参拝したときに問題になったかを説明したいと思います。

 

 

靖国神社に祀られているA級戦犯について

小泉さんが参拝をしたときに問題になったことがいくつかあります。

 

 

政教分離や侵略戦争で歴史認識など様々な理由があります。

 

 

その中でも一番問題として出てくるのが

 

 

 

A級戦犯です。

 

 

 

靖国神社に祀られている人たちの中で主に中国・韓国の人たちが問題として上げているのがこの点です。

 

 

A級戦犯というのは国際軍事裁判所憲章の「戦争犯罪」規定の中のa項の平和に対する罪を犯した人のことを指します。

 

 

その具体的な中身はというと「すなわち、侵略戦争あるいは国際条約、協定、誓約に違反する戦争の計画、準備、開始、あるいは遂行、またこれらの各行為のいずれかの達成を目的とする共通の計画あるいは共同謀議への関与」

 

 

いわゆる大東亜戦争を起こした指導者を罰するための規定のようなものです。

 

 

戦争を起こした人たちであるので、中国や韓国の人々はこの人たちが祀られている靖国神社に総理大臣が行くことを快く思っていません。

 

 

しかし、国のために命を捧げられた人々が眠る場所でもあるので一人の人間として行くのは個人の自由です。

 

 

そのため公人(公務中)の扱いではなく私人(一般的な個人、プライベート)で小泉さんは訪問したと表明しています。

 

 

そんな靖国神社ですが実際に行くとどのようなところだったかを最後に紹介したいと思います。

 意外と多い海外の観光客

靖国神社の中に入ると東京の都内のにぎやかな雰囲気とは打って変わってとても静かな空間になっています。私が訪れたのが10月の平日であったため人が少なくとても静かでした。

 

来ている人の中で意外と海外の人が多く来ていることに驚きました。

 

 

その中には団体で日本の歴史について学んだり、研究者のような方も見られました。

 

 

私個人としては靖国神社の静かな雰囲気は好きです。英霊の方々とお話しで来たような感じがしました。

 

 

靖国神社の隣にある遊就館には、日本建国から現在の日本に至るまでの歴史の流れが載っているので歴史好きな方にはお勧めな場所です。

 

 

 

戦争から約70年が経ち、実際に戦争を経験した世代が少なくなっている今。

 

 

 

靖国神社のように歴史と触れ合える場所はとても重要な場所であると私は考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nattsu1991:20171010183159j:image

 

 

 


にほんブログ村